活発になる時期がある~部室のスズメバチの巣駆除をしないと危険~

部室のスズメバチの巣駆除はお早めに!~安心して部活を行う~ 部室のスズメバチの巣駆除はお早めに!~安心して部活を行う~

スズメバチは夏になると攻撃性が高まる

夏休みになると部活生は長い時間練習します。ですが、この時期はスズメバチにとっても活発に動き出す時期なのです。

夏はスズメバチにとって活発になる時期

夏になるとスズメバチが活発になるのは何故ですか?
スズメバチは女王蜂以外越冬することができないため、春に活動しているのは女王蜂1匹のみです。その後段々と数を増やしていき、巣のサイズと蜂の数がピークを迎えるのが夏頃になります。スズメバチの中でも更に細かな種類があり種類によって活動時期は異なりますが、7月から10月頃にかけては特に活発といえるでしょう。
活発になるとどのような行動をしますか?
活発になる夏頃には、スズメバチはより攻撃的になるので注意しましょう。攻撃をしかける前にスズメバチは警告行動を行います。攻撃する対象の周りを飛び回り、小刻みに羽音を鳴らし、顎でカチカチと音を出し、空中で停止して狙いを定めます。こうした行動が見られた場合、攻撃をしかけるサインなので速やかに逃げるようにしましょう。
夏の時期にスズメバチを見かけたときはどうしたらいいですか?
部室に巣がある場合、スズメバチとの遭遇率も高くなります。もしも遭遇してしまった場合は、駆除しようとせずに逃げ出すようにしましょう。視界になるべく入らないよう低くかがみ、這うように後退してください。その際、頭や首筋を刺されないようしっかり守り、蜂が興奮しないよう静かに動くことが大切です。

部活生は夏休み期間中巣に近づかないように

部活生にとって夏は練習を沢山するいい機会です。しかし、部室にスズメバチの巣があることを忘れてうっかり近づくと大変危険なので注意しましょう。身の危険を感じたスズメバチは、巣を守るために大群で襲いかかってきます。活発になる夏の時期は、特に近づかないようにしてください。

TOPボタン